会話をしながら蟹を楽しみたい

海から遠い山の中に住んでいる我が家。蟹と言えば、山裾を流れる沢に生息する小さな沢蟹位しか見かけません。

沢蟹の唐揚げは、それはそれでとても美味しいのですが、やっぱり、大きくて食べごたえのある海の蟹には憧れます。それが、先日思いがけず親戚から頂き、久し振りに堪能させてもらいました。

まずはまったりの蟹味噌を味わい、次にしっとりの身を。主人がせっせと殻に切れ目を入れてくれて、私と娘がもくもくと無言で食べる、食べる。

いつもは主人に冷たい娘もこの時ばかりは、「お父さんがいてくれてよかったね」と機嫌取り。

でも、蟹を食べる時はどうしても、身を取り出すのに集中するので話が出来なくなっちゃうんですね。

それが通販のCMを見ていたら、身をほぐして殻にのせて送ってくれる商品がありました。今度は是非その商品を取り寄せてみたいと思います。